5月 26, 2009 アパレル ディスカウント・ストア 流通業 経済 0

コンフェレンス・ボードの発表によると、アメリカの消費者の自信度(コンフィデンス・インデックス)は、4月の40.8から5月には54.9まで大幅に回復した。これは2008年9月(リーマン・ブラザース破綻時)の61.4以来最高であった。
ーーーーーーーーーー
今年の1月に連邦破産法第11章を申請し、その後4月に清算が始まった西部を中心とした百貨店チェーン、ゴッショークスの58カ所の店舗のうち、リバーサイド群とオレンジ群にある16カ所に対して買収の意向があると、アパレル・チェーンのフォーエバー21が発表している。リース契約の買収は、他に有利な応札がなければ、28日に破産法廷で認められる予定である。同社は、やはり清算されたマービンズの店舗跡46カ所のリースも引き継いでいる。 OCレジスター