4月 22, 2009 Uncategorized スーパーセンター ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートの2009年のアニュアル・リポートが発表された。株主総会が6月5日に、アーカンソー州、フェイエットビルで開かれ、投票にかけられるプロキシーが送られてきた。筆者も小株主として電子投票したが、その中で重役へ支払われた給与、賞与、株式オプションなどの額が出ていたので紹介してみたい。1ドル100円換算で、括弧内は基本給。
リー・スコット(前社長、現会長):30億円(1.45億円)
トーマス・ショーウィ(財務):9.5億円(7,800万円)
マイケル・デューク(現社長):12億円(1億円)
エドワードゥ・カストロ−ライト(副会長):10億円(9,200万円)
ダグ・マクミロン(副社長):8億円(8,000万円)
世界一の小売業にしては、保守的な報酬体系にみえる。

株式保有状況では、ウォルトン家の5人(アリス・ウォルトン、ジム・ウォルトン、ロソン・ウォルトンと、亡くなったウォルトン夫人、ジョン・ウォルトンの遺産を含む)で、まだ43%程を所有している。総数は16億8,000万株以上になる。
ーーーーーーーーーー
今日は地球を守る「アース・デー」で、ウォルマート、セーフウェー、ホール・フーズ・マーケット、オフィスデポ、カブ・フーズ(スーパーバリュー)、パブリックスなどもアース・デーに関連したイベントなどを行っている。