4月 11, 2009 アパレル オート用品ストア フードサービス 流通業 0

アップスケールな紳士アパレル・チェーンのジョス・A・バンクは、1月31日で終わった2009会計年度の業績を発表した。売上は15.2%増加して6億9,590万ドル、利益も16.3%増加して5,840万ドル、既存店売上は8.9%増加した。無借金で年度末に1億2300万ドルの現金と現金に近い証券を持つ優良企業である。同社は1905年創業で、紳士のフォーマルとカジュアル・ウェア、靴、アクセサリーなどを扱っており、アメリカ42州とワシントン特別区で461カ所の店舗を展開している。また、カタログ販売、電子コマースも行っており、本社はメリーランド州、ハムステッドにある。
ーーーーーーーーーー
自動車用品販売と簡易整備のチェーンであるペップ・ボーイズは、1月31日で終わる第4四半期の業績を発表した。売上は10%下がって4億6,554万ドル、損失は3,327万ドル(前年度は2,040万ドルの損失)、既存店サービス売上は5.5%下がり、商品売り上げは9.1%下がった。通年では、売上19億2,779万ドル(—99%)、損失は3,043万ドル(前年度は4,204万ドルの損失)既存店サービス売上は6.2%下がり、商品売り上げは8.4%下がった。昨年度の業績は芳しくはないが、2009年第1四半期の既存店サービス売上は3.5%増加、商品売り上げは1.3%減少と、好転してきている。ここしばらくは、乗用車の買い換え需要の鈍化による修理需要が増えているため、同社にとっても好環境となる。ペップ・ボーイズは、アメリカ35州とプエルト・リコで560カ所の店舗を展開している。店舗の多くには、整備施設も持っている。 
ーーーーーーーーーー
カジュアル・レストラン・チェーンでのルビー・テューズデーは、3月3日で終わった第3四半期の業績を発表した。売上は9.6%減少して3億1,750万ドル、利益は59.3%減少して477万ドル、既存レストランの売り上げは6.8%減少した。外食産業全体の環境は厳しいものであり、同社も不採算店の閉鎖、経費の削減、品質とサービスの強化などで対応している。同社はアメリカ46州、ワシントン特別区、プエルト・リコ、グアム、そして14カ国の外国に直営店とフランチャイズ店を展開している。直営店は671カ所、国内と外国のフランチャイズ店は、それぞれ173カ所、58カ所、開店されている。