3月 25, 2009 Uncategorized 流通業 経済 0

郵送関係のテクノロジーと機器を販売するピットニー・ボーズとDMニュースの調査によると、最近消費者の割引クーポンの利用が増加しているそうである。利用は、グローサリーや娯楽など広範囲に及び、消費者は10−25%の割引を期待している。郵送されてくるクーポン利用は、地域によっても違い、東海岸ではグローサリーのクーポンの人気がボストンで高く、95%の人達は食品の割引クーポンを利用している。彼らの半分は10%の値引きを期待しているが、家電や旅行に関して25%の割引を期待している。ニューヨーク地域の70%の消費者は、娯楽や観劇などに割引クーポンを利用しているが、タクシーや地下鉄をよく利用する彼らは、自動車部品や修理サービスのクーポンの利用は低い。娯楽の関しての割引率は最低25%が期待されている。西海岸では違った傾向があり、ロサンゼルスでは43%の消費者が10%程度の娯楽や観劇の割引を期待している。クーポン利用者のうち49%の人達は旅行に割引クーポンは使わず、84%の人達はグローサリーのクーポンを使用する可能性が高い。その他の主な結果は次の通り:

  • マイアミ(66%)、ニューヨーク(64%)、デンバー(64%)の人達は、健康やウェルネスに関する商品にクーポンを使用する可能性が高いが、ヒューストン(48%)、ボストン(52%)、シアトル(54%)の人達はそれほどでもない。
  • ロサンゼルス(49%)、シアトル(52)、シカゴ(55%)の人達は旅行に関してクーポンをそれほど使用しないが、ニューヨーク(68%)、デンバー(65%)、アトランタ(61%)の人達は良く利用する。
  • アトランタ(64%)、デンバー(64%)マイアミ(64%)、フィニックス(63%)の人達は、ニューヨーク(42%)、ボストン(49%)、シアトル(48%)の人達に比べて自動車のパーツやサービスにクーポンを使用する確率が高い。

地域による文化性や消費性癖の違いが表れている興味深い調査である。