10月 11, 2020 会員制倉庫型店 流通業 0

会員制倉庫型チェーンのコスコは9月の売上が16.9%増加して168.4億ドルだったと発表した。既存店売上は国内で14.5%増加、カナダで17.5%増加、その他国際店は18.5%増加、全体で15.5%の増加となった。電子コマースは前年度比90.3%増加した。ガソリン価格及び為替の影響を除くと、国内で16.7%増加、カナダで18.0%増加、その他の国際店で17.5%増加、全体では16.9%増加、電子コマースは90.1%の増加となる。今期はアメリカのレイバー・デーなど休日を1日多く含んでおり、その影響が1%弱あった。商品カテゴリー別の売上状況は、食品と雑貨が20%台の前半、生鮮食品が20%半ば、ハードラインが20%半ば、ソフトラインが10%台の後半でそれぞれ増加、オート・センター、フード・コート、眼鏡、補聴器など付随ビジネスは2桁台で減少した。客数、客単価は両方とも増えている。

来月からホリデー商戦に入るが、コスコは毎月会員に送られる10頁ほどのクーポン・ブックにディールを紹介しており、クーポンは持参しなくても精算時に自動的に割引かれる。ホリデー・シーズンは特別商品が加えられ、それぞれディール価格となっている。