10月 9, 2020 スーパーマーケット 流通業 0

Amazon傘下のホール・フーズ・マーケットは、コロラド州デンバーのキャピタル・ヒル地域に、2017年に閉店されたホール・フーズ・マーケットの店舗を改装し、「アイデアル・マーケット」のバナーで再開店したと発表した。この店舗は、自然食品チェーン老舗のワイルド・オーツにそのルーツを持ち、コロラド州ボルダーでは同バナーで運営されている、地域では馴染みの深い食品店である。オーガニックの青果、調理済み食品、インハウス・ベーカリー、精肉、シーフード、スペシャルティー・フードなどを揃え、自然食品の人気ブランド・グローサリーと共に顧客に奉仕する。すべての商品は、ホール・フーズ・マーケットの厳しい品質管理を満たした商品となる。

ホール・フーズ・マーケットは、2007年にワイルド・オーツを一旦買収したが、連邦取引委員会によって売却させられた。「アイデアル・マーケット」はホール・フーズ・マーケットに残った店舗の一つで、自然食品需要の高い地域で、そのブランドを生かした新開店となる。