9月 8, 2020 デパートメント・ストア 流通業 0

コールス百貨店は、これまで「Yes2You」と呼ばれるリワーズ・プログラムを顧客に提供してきたが、これを新しいコールス・リワーズとして進化させ、全米の店舗で導入する。既に13の市場でテストされ成功を収め今回の発表となった。今後ホリデーにかけて、購入方法にかかわらず全てのコールスの購入に5%のキャッシュ・バックが付き、パーソナライズされたディールや誕生日のプレゼントなども進呈される。購入の際に渡される領収書には、リワーズの残高が印刷される。リワーズが$5($100の購入)に達した翌月の初めにキャッシュ・クーポンが発行され、その後30日間有効となる。残高は期限切れまでに顧客に知らされる。また、コールス・キャッシュ・プロモーションの期間中は、$50以上の購入で$10のコールス・キャッシュが全ての顧客に提供される。3000万人の既存の「Yes2You」会員のリワーズ・ポイントは、自動的に新しいプログラムに移行される。ビジネス・ワイア

別のニュースで、コールスは店舗の一部をAmazon Freshにサブリースすると報じられている。同社は店舗サイズの最適化を進めており、これまでもアルディなどにサブリースした例もある。Amazonとは返品受付で提携しているが、同じスペースに同居は初めての試みとなる。