9月 7, 2020 ディスカウント・ストア 流通業 0

ターゲットは、昨年9月に発売した食品のプライベート・ブランド「グッド&ギャザー」の品揃えが、今秋さらに拡大されると紹介している。人工着色料/甘味料やブドウ糖果糖液糖を一切使わず製造された高品質の食品ブランドとして、既に10億ドルの売上規模に成長しており、今秋600アイテムほどを加え、全体で約2000アイテムのブランドとなる。増やされるアイテムは、乳製品、コーヒー、デリ、パンとベーキング、スナック、青果、飲料、ミール・エセンシャル、冷食など幅広いカテゴリーで、求めやすい売価で販売される。うち60アイテムの商品は、プリミアム・ブランドとして特別な素材を使って造られている。これらの商品は、店舗に加えて、即日配達及びカーブサイド・ピックアップでも購入が可能となる。

ターゲットは、以前から食品カテゴリーに注力しているが、全体の売上の20%ほどとあまり成長していない。「グッド&ギャザー」とCOVID-19はその状況を大きく変え、食品販売のシェアを拡大した。この勢いに乗ってアイテム数拡大を成功させたいところだろう。