9月 1, 2020 ディスカウント・ストア 流通業 0

以前から噂されていた会員サービスである「ウォルマート+」が9月15日からいよいよ開始されると発表された。同社の店舗4700ヵ所以上で利用でき、即日を含むスピード配達は2700ヵ所の店舗から可能となる。ガソリン購入の割引、セルフ・チェックアウトなど恩典を含み、15日間の試用期間後、月会費$12.95か年会費$98で提供される。無制限の配達は$30以上の購入で、グローサリー、玩具、テクノロジーなど16000アイテム以上の商品が対象となり、これまで「デリバリー・アンリミテッド」として提供されてきたサービスとなり、既会員は自動的にウォルマート+に移行される。サムズ・クラブで既に使われている「スキャン&ゴー」が会員に提供され、素早いチェックアウトを可能にする。ガソリンのガロンあたり5セントの値引きは、2000ヵ所以上のウォルマート、マーフィーUSA、マーフィー・エクスプレスのガソリン・スタンドで提供され、サムズ・クラブのガソリン・スタンドでも近く利用可能となる。紹介ビデオはこちら

会員費は、インスタカートやシップトと同程度で、ガソリン値引きなどの恩典が加わる。対象商品は、ピックアップ&デリバリーの商品が対象となり、マーケット・プレースを含むウォルマート・コムの商品は除外されている。ただし、今年度第1四半期の業績発表時に、今年末までには統合されると述べており、その時点では対象商品が拡大される可能性がある。「スキャン&ゴー」に関しては、セルフ・レジでのチェックアウトとなり、店内でスキャンする部分が多少時間の節約になる。セルフ・レジの出口には既にレシートと商品確認の社員が待機しているため、不正は最小限に防げるだろう。一部のメディアでは、アマゾン・プライムへの対抗措置と報じているが、今のところリンゴとオレンジの比較であまり意味がない。ウォルマート+の成否は配達需要の規模に左右されると思われ、ウォルマート・コムの統合によっても変わるだろう。