2月 27, 2009 アパレル 流通業 経済 0

アパレル・チェーンのギャップは、1月31日で終わった第4四半期の業績を発表した。売上は12.7%下がって41億ドル、利益は8.3%下がって2億4,300万ドル、既存店売上は14%下がった。しかし通年では減収増益となり、売上145億ドル(—7.8%)、利益9億6,700万ドル(+16%)、既存店売上は12%減少した。2008年度の粗利は37.5%と2007年度より1.4%上がっている。これは、徹底したコスト管理の結果であると説明されている。2009年度は、国内と国際で約50カ所の新店舗開店、ギャップ・ブランドを中心とした約100カ所の店舗閉鎖を予定している。同社の現在の店舗網は次の通り:

Gap North America     1,193 Stores
Gap Europe 173 Stores
Gap Asia 112 Stores
Old Navy North America            1,067 Stores
Banana Republic North America 573 Stores
Banana Republic Asia 27 Stores
Total 3,149 Stores

ーーーーーーーーーー 
ビクトリアズ・シークレットとバス&ボディー・ウォークスを傘下に持つ、リミテッド・ブランドは1月31日で終わった第4四半期の業績を発表した。売上は7.4%下がって29.9億ドル、利益は95.9%と激減しの1,610万ドル、既存店売上は10%下がった。しかしこの数字には、傘下のラ・センザのランジェリー・チェーンの評価損が含まれており、それを除くと27.6%の利益減少と説明されている。通年では、売上90.4億ドル(−10.4%)、利益3億5,336万ドル(−23.5%)、既存店売上は9%下がっている。今年度の見通しは、第1四半期の欠損を含み今年度と同程度の利益を見込んでいる。設備投資では約2億ドルを新展開店、改装費用として計画している。

ーーーーーーーーーー
1月に発表されたGDPの推定値ー3.8%が、2月27日に暫定値としてー6.2%に調整された。最も大きなGDP減少の要因としては、輸出の鈍化、機器やコンピューター・ソフトの売上不振が挙げられている。同時に輸入もかなり減っている。経済分析局