1月 21, 2020 フードサービス 流通業 0

カフェ・チェーン大手のスターバックスのCEOケビン・ジョンソンは、消費者宛の手紙の中で、同社のサステイナビリティに対するコミットメントを述べている。2021年に50周年を迎えるスターバックスは、環境と人々の将来のために、5つの目標を掲げた。1番目には植物ベースのメニューを増やし、環境に配慮する。2番目には使い捨てのパッケージから再利用可能なものに移行する。3番目には革新的で再生可能な農法、森林保護、サプライ・チェーンでの水補給などに対して投資する。4番目には店舗とコミュニティーのゴミ処理の問題解決に投資し、再利用、リサイクリング、廃棄食品削減を進める。5番目には、環境に優しい店舗、運営、製造、配達を革新、開発する。

2030年までの数値的な目標としては、店舗運営とサプライ・チェーンで、二酸化炭素排出を50%削減、水資源が少ない地域では、店舗運営とコーヒー製造で使用する水を50%削減、ゴミ捨て場に送られるゴミの量を50%削減を掲げている。

環境保護問題に関しては、ミレニアル世代を中心に関心が高まっており、対応を遅らしてきたベビーブーマー世代に対する「OK ブーマー」の新語も生み出している。企業にも真剣な取り組みが求められている。