12月 20, 2019 ディスカウント・ストア デパートメント・ストア 流通業 0

コールス百貨店は、今年のクリスマス商戦終盤で、店舗を24時間開店して顧客に奉仕する。12月20日の金曜日の朝7時に開店し、24日のクリスマス・イブの午後6時まで、107時間続けて開店する。オンラインでは、選ばれた商品に関して、イブの日の午後3時までに注文すると午後6時までに店舗ピックアップが可能となる。また、販促として$50毎の購入に対して$10のコールス・キャッシュが得られ、これは12月25日から来年1月6日までオンラインか店舗で使う事ができる。他にも商品カテゴリー毎に販促を行っている。同社は、このところ既存店売上が伸び悩んでおり、ホリデー商戦に大きな期待がかかっているとみられる。

ターゲットは、12月16日から営業時間を延長しており、ほとんどの店舗は午前7時に開店、深夜12時まで営業が23日まで続けられる。24日のイブは午後10時の閉店となる。USAトゥデー

クリスマスの日は、コンビニエンス・ストアなどをのぞき、ほとんどの小売業は閉店する。明日からクリスマスまでは出来るだけ買物を避けたい期間となる。