12月 11, 2019 グローサリー配達 ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートは、既にいくつかの都市で自動運転車によるグローサリー配達をテストしているが、今回テキサ州ヒューストン地域でも、ニューロと提携して配達テストを行うと発表した。ウォルマートは、オンライン・グローサリーの店舗ピックアップと配達を拡大しており、同社のトレーニングされた5万人のパーソナル・ショッパーが揃えた注文商品を、既に3100店舗でピックアップ、1600店舗からは配達を提供している。ウォルマートのオンライン・グローサリーの規模は業界一で、数百万の世帯にグローサリー配達する事で、この業界の将来への道を模索している。顧客への配達もいくつもの違う選択肢をテスト、自動運転車による配達も店舗ピックアップと配達の延長線上にあると信じている。これも、顧客の毎日の生活を少しでも簡単にするウォルマート の目標の一つとなる。

自動運転車による配達は便利で生産性も上がると思われるが、交通混雑の多い都会では導入が難しいと思われる。企業毎ではなく、地域の協同配送・ピックアップ拠点が出来れば便利だと思う。アマゾンでもウォルマート でも、そこへ行けばピックアップできる様になれば、盗難の心配もしなくて良くなる。もっともアメリカでは難しいだろうが・・・