11月 21, 2019 ディスカウント・ストア 流通業 0

消費者が食品小売に一番よく求める新鮮な青果を提供するため、ウォルマートは商品と売場を改善すると発表した。契約農家などから仕入れられるオーガニックや地場の商品を増やし、サプライ・チェーンも短縮することで、より新鮮な商品を販売する。また、陳列什器のデザインやサインを変え、より買い易くする。これまでも提供されてきた青果の返金補償は、デリ、ベーカリー、食肉などにも拡大され、部門のマネージャー権限で顧客にサービスする。新しい売場は市場の様な低い陳列によって、魅力のある青果売場を造っている。通路も広くされ、青果売場での買物を簡単にする。オーガニック商品は1ヵ所にまとめられ、新しい大きなサインと共に見つけやすくされた。これらの変更は、顧客だけでなく、社員の作業の効率も高める。この青果売場の改善は、来年夏までに行われる店内の多くの売場改善の一部となり、多くの店舗では、改装も予定されている。

昨日発表されたターゲットの四半期業績で、店舗改装の効果が述べられている。ウォルマーともデジタル関連に加えて店舗への投資が拡大される様である。