11月 13, 2019 アパレル オンライン・リーテイラー 流通業 0

スポーツ・アパレルや靴の大手メーカーのナイキは、アマゾンに対する販売を停止しこれまで2年間続いたテスト取引を終了した。アマゾンにとっては人気メーカーのスニーカーやアパレル商品の仕入れ先を失うことになるが、マーケットプレースでナイキ商品を販売する第三者セラーは、これまで通り販売を続ける。

ナイキは、アマゾンへの卸し販売を止め、今後は自社のサイト及びアプリで消費者への直販を拡大していく。直販による購入者情報が、ナイキの商品開発の情報源となるためと説明されている。ナイキとアマゾンのテスト・プログラムは、それまで蔓延していたナイキ類似品のアマゾンでの販売を防止するため、2017 年から始められた。この関係によって、ナイキは、アマゾンを経由せずに類似品販売を差し止める権利を得ていた。同様な理由で、ドイツのサンダル・メーカーであるビル ケンシュトックも、2017年からアマゾンでの販売を止めているが、第三者セラーによるアマゾン・マーケットプレースでの販売は続いている。

一方、J・クルー、チコスなどのブランドは、最近アマゾンで販売される様になっている。ナイキは、この発表にあたり、アマゾンとの関係は、アマゾンのクラウド・サービスを通じて続いていると述べている。AP