11月 4, 2019 オンライン・リーテイラー 流通業 0

通常、本格的なホリデー商戦は、感謝祭後のブラック・フライデーから始まり、今年は感謝祭が11月28日と遅いため、2013年以来一番短いホリデー商戦となる。そのため、小売業各社は、早めのセールを予定しているが、アマゾンも、46主要メトロポリタン地域に拡大された都市で、無料の翌日配達商品を1000万アイテム用意してプライム会員に奉仕すると発表している。また、数百万の商品では、最速数時間で届く即日配達も拡大された。一般の顧客には、数百万の商品を$25以上の購入で無料配達する。自宅への配達に加え、セルフサービスのロッカーは、900以上の都市にあるホール・フーズ・マーケットなどに設置されており、追加料金なしで配達される。また、ハブ・カウンターと呼ばれるピックアップでは、ライト・エイド、GNC、ステージ・ストア、ヘルス・マートなどで注文商品を受け取れる。注文商品が予定より早く到着して、贈る相手のサプライズを台無しにしたくない顧客には、「アマゾン・デー」と呼ばれる配達指定日も用意されている。勿論、ホリデーの料理の準備は、ホール・フーズ・マーケットから無料で1~2時間で届けられる「アマゾン・フレッシュ」がプライム会員宛に提供される。

今年のホリデーの買物の半分はオンラインで購入されると予測されており、最大手のアマゾンは、遅延の無い配達を行うためロジスティックスの準備に追われている様である。