9月 21, 2019 オンライン・リーテイラー スーパーマーケット 流通業 0

アマゾンは、傘下チェーンであるホール・フーズ・マーケットで、プライム会員の購入に対して、特定の割引などを提供しているが、最近2時間以内のグローサリー配達サービスを拡大している。今年の8月からコロラド州デンバーとオレゴン州ポートランドの2都市で、ホール・フーズで買物をするプライム会員の購入履歴を分析し、彼らが通常店舗で購入している商品を、アマゾンのメインのウェブサイトで2時間以内配達を提供したところ、顧客の反応が良かった。そのため、このプログラムをロサンゼルス、ヒューストン、デトロイトなどを含む30都市ほどに拡大した。

これまで、アマゾンで速いグローサリー配達を得るためには、別のアプリである「プライム・ナオ」をダウンロードする必要があった。これはメインのサイトの品揃えが多く、地域のホール・フーズから配達できる商品をだけを限定して顧客のウェブサイトに表示するのが難しかった事が主な要因だった。新しく変更されたサイトでは、2時間以内の配達が提供されている地域の顧客には、アマゾンのメイン・サイトからホール・フーズ・マーケットのストアフロントがアクセス出来、そこには近くの店舗からすぐに配達可能な商品をフィルターして選ぶことを可能にした。この変更によって、顧客は2時間配達が可能なホール・フーズ・マーケットの店舗在庫商品を選択することが出来るのである。

実際、プライム・ナオのアプリをダウンロードしている限られた数の顧客に対して、メインのサイトは、一ヶ月あたり2億人のユニーク訪問者を得ており、新しいサービスがグローサリー配達を成長させる可能性は高い。アマゾンは8400億ドルのグローサリー市場のシェアを少しでも多く獲得しウォルマートに対抗しようとしているのである。モーガン・スタンレイの調査によると、グローサリーのオンライン販売シェアは、ウォルマートとサムズ・クラブで25%を占めているのに比べ、アマゾンのシェアは2%ほどである。トランスポート・トピックス

ウォルマートのデジタル販売強化は、デジタル販売トップのアマゾンが、対抗策を講じるほど成長した事になる。この業界は変化が著しく、非常にダイナミックである。