9月 18, 2019 ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートは、キャピタル・ワン・バンクと提携してキャピタル・ワン・ウォルマート・リワーズ・クレジット・カード・プログラムを発足すると発表した。カードは2種類発行され、コー・ブランドのキャピタル・ワン・ウォルマート・リワーズ・マスターカードとウォルマートでの購入だけに利用できるウォルマート・リワーズ・カードとなり9月24日から申請できる。

コー・ブランドのカード特典は、グローサリー・ピックアップを含むウォルーマート・コムでの購入に対して5%還元、ウォルマート・ペイと連携した店舗での購入に対して最初の1年は5%還元、その後は2%の還元、レストランや旅行のチャージに対して2%還元、その他の場所での利用は1%還元となる。カードの年会費は無料で、国外で利用した場合のトランズアクション費は無料。特典の利用は、旅行、ギフト・カード、ウォルマート・コムでの支払い、購入時のクレジット、クレジット・カード請求書へのクレジットなどにいつでも使える。

ウォルマート・リワーズ・カードの特典は、ウォルマート・コムとアプリでの購入に対して5%還元、ウォルマート・ペイを通じての店舗での支払いに対して最初の1年は5%還元、その後は2%還元、ウォルマートのガソリン・スタンドでの購入に対して2%還元となる。既にウォルマート・クレジット・カードを所有している顧客のアカウントは、新しく発行されるキャピタル・ワン・ウォルマート・リワーズ・マスターカード又はウォルマート・リワーズ・カードに転換され、10月11日から新しい特典が加算され、店舗内でのウォルマート・ペイを通じた購入には、2020年10月14日まで5%還元が提供される。

カードの申請はウォルマート・コムとアプリ、キャピタルワン・コム、または新しく作られたアプリで簡単に行え、承認されると実際のカードを待つことなく、ウォルマート・コムやウォルマート・ペイなどで直ぐに利用可能となる。

コスコのシティ・ビザ、アマゾンのチェース・ビザなどと同等の特典となる。小売業各社は、これまで手数料の高いクレジット・カードを排除しようとしてきたが、提携した方が得策と見なしたのだろう。発表されていないが、コスコのシティ・ビザなどは、消費者に対する還元分以外の手数料はほとんどゼロに近いと言われている。それでもカード会社にとっては、扱うボリュームによって顧客から得られる金利などで合うのだろう。金融関係の調査によると、クレジット・カードの金利の多くは、中流以下の消費者が支払い、富裕層は一括払いによってキャッシュバックの還元だけを得ているという統計が出ており、乗用車の購入にもクレジット・カードを利用する人達も多いと聞いている。貧富の差はこういったところでも広がるのである。