9月 12, 2019 ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートは、グローサリー配達の定期契約「デリバリー・アンリミテッド」を今年初めからヒューストン、マイアミ、ソルト・レーク・シティー、タンパでテスト展開してきたが、顧客に好評だったため、今日から全米200ヵ所のメトロ地域、今秋には1400店舗、今年中には全米の50%以上をカバーする1600店舗に拡大すると発表した。このサービスは、年会費$98または、月会費$12.95で、無制限のグローサリー配達を受けることができ、新会員には15日間の無料お試し期間も提供される。注文は、ウェブサイトかアプリを利用して行え、商品の売価は最寄りの店舗と同じ毎日低価格となる。

ウォルマートは、グローサリー配達およびピックアップの商品を集める45000人「パーソナル・ショッパー」を選任し、彼らは鮮度の高い青果や最高の食肉を選ぶため3週間のトレーニングを受けている。

ウォルマートのグローサリー配達は、ポイント・ピックアップスキップカートアクスルハイア, ローディーポストメーツドアダッシュなどとパートナーを組んで行なっており、自社運営は商品ピックアップのみとなる。既に店舗ピックアップは3000ヵ所ほどの店舗で提供しており、これらの店舗では、配達会社と提携するだけでグローサリー配達が可能となる。グローサリー・ピックアップでオンライン販売が急増しており、このモメンタム生かそうとしているのだろう。先日ダラス地域で訪れたスーパーセンターでは、グローサリー・ピックアップ要員が5名ほど常駐しており、注文件数に対して多少多すぎる人数だった。配達も始めれば、人事生産性も高まると思われる。