9月 11, 2019 リミテッド・アソートメント・ストア 流通業 0

ドイツのリミテッド・アソートメント・ストア・チェーン大手のアルディとリドルは、ニュージャージー州レイシーで隣接して昨日同日開店した。リドルにとってはニュージャージー州5店目、オーシャン・カウンティーでは初めてとなり、全米では70ヵ所ほどの店舗を展開している。一方、アルディはニュージャージー州51店目、オーシャン・カウンティーでは4店目となり、全米では1900ヵ所以上の店舗を展開している。リドルでは、当初の開店予定を2日間早め、開店記念に配られる$100から$200のギフト・カードを通常の倍の200枚に増やした。一方、アルディでは、開店日を1日前に早め、月曜日にソフト開店を行なった。両社の競争は激化しており、後発のリドルも積極的な拡大を始めている。また、新しい展開地域にあるショップ・ライト、ウォルマートなどは売価引き下げによって対抗しており、リドルが他社に依頼して行なった売価調査では、コアとなるカテゴリーの商品売価は最大55%引き下げられているそうであるUSAトゥデー

両社とも品揃えをアメリカの顧客に合わせて調整しており、圧倒的な安さによって来店客数を着実に増やしてきている。