7月 26, 2019 ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートは、オンライン・グローサリーを自動運転車で配達するテストを、本社所在地であるアーカンソー州ベントンビルで行うと発表した。この配達は、ガーティックの協力で、ベントンビルにある2ヵ所の店舗から半径2マイルの地域に住む顧客に対して提供される。アーカンソー州では、今年3月に自動運転車の走行を認める法案が可決され、今回のテストが可能となった。

ウォルマートは、ガーティックと6月に提携しており、ミドルマイルと呼ばれる倉庫から倉庫など短距離のB2B配達もテストしている。

同社は、他にもフォードと提携しマイアミ地域でポストメーツと共に自動運転車によるグローサリー配達、アリゾナ州フィニックスではユーデリブと提携して同様な配達テストを行っている。

明日から一週間ほどファミリー・バケーションで出かけますので、しばらく投稿はお休みさせて頂きます。ご了承ください。