2月 19, 2009 トイ・ストア ドラッグ・ストア フードサービス 流通業 0

ドラッグ・ストア・チェーンとPBMの大手、CVS・ケアマーク社は、2008年12月31日に終わった第4四半期の業績を発表した。総売上は買収したロングス・ドラッグを含み、241.4億ドルと10%増加した。当期利益も17%増加して9億4,930万ドルとなった。小売部門の売上は529カ所のロングス・ドラッグを含め19%増加しており、既存店売上は、フロント・エンドが1.8%、調剤は4.5%の増加で、全体では3.6%の増加となる。粗利率も21.6%と向上しており、これはジェネリック調剤の販売増加によるものだと説明されている。ジェネリック調剤の売上増加は、ブランド調剤に比べて売上額にはマイナスになるが、利益率は向上する。
ーーーーーーーーーー
グルメ・コーヒー・チェーンのスターバックス社は、 サウス・カロライナ州、カルホーン群に開店した、同社の焙煎工場がLEED銀賞を受賞したと発表した。建設にあたって、資材の20%はリサイクル資材を使用、廃棄物の75%以上もリサイクルに利用された。また、照明、配水などに最新の省エネ器具を使用、風力発電利用、節水できる植栽用のイリゲーション・システムなどが導入されている。同工場は100人の社員で稼働される。
ーーーーーーーーーー
アップスケールな子供用品を店舗とインターネットで販売するベビー・スタイルは、連邦倒産法第11章を申請した。同社はカリフォルニア州に4カ所、ニューヨークとワシントン両州に一カ所ずつの店舗を展開している。全米に33カ所の店舗を展開するライト・スタート社の子会社の一社でもある。アップスケールな子供用品と教育玩具の店として、子供を持つ富裕層に人気のあったチェーンだが、ここにも景気後退の影響が出ているようである。