6月 12, 2019 デパートメント・ストア 流通業 0

コールス百貨店は、同社のオフ・プライス店舗を閉鎖すると発表した。ウィスコンシー州ウァウワトサ、ブラウン・ディーア、ウァーキシャ、ニュージャージー州チェリー・ヒルに4ヵ所開店されているオフ・アイル店舗は8月3日で閉鎖されると、社員に宛てたエグゼクティブ・バイス・プレジデントのジョン・グロッソのメモで述べられている。閉鎖理由は、同部門の不調ではなく、在庫管理の改善によって、同部門で販売される商品が減った為だと説明されている。この部門は、オフ・プライス・チェーンであるTJX (TJマックスやマーシャル)、ロスやアマゾンなどによるアパレル小売業界のディスカウント販売増加に対応して発足した。同業他社のメイシーズもバックステージの部門を拡大しており、ノードストロム百貨店のノードストロム・ラックは成長している。ジャーナル・センティネル

オフ・プライス・チェーンは、商品供給が重要な要素となり、人気ブランドとオフ・プライス・プライベート・ブランドの品揃えバランスが難しい。