5月 19, 2019 ディスカウント・ストア 流通業 0

ターゲットのデザイナー・ブランドとのコラボ商品はいつも人気となるが、昨日始まったヴァインヤード・ヴァインズ・フォー・ターゲット・コレクションも、土曜日午前3時(東海岸時間)にオンラインで売り出され、特定の商品は数分で売り切れになったそうである。店舗でも売り出されたが、開店早々人気商品は無くなったそうである。ターゲットは、「売切れで失望された気持ちはよく分かります。返品される場合も多いので、店とオンラインで続けてチェックしてみてください。」とツイートしている。オークション・サイトのebayでは、これらの商品が土曜日の午後8時には7400アイテム、日曜日の午後には10500アイテム出展されており、売価はほとんどがターゲットの倍以上だったそうである。

このセールは、女性、男性、子供のアパレルとアクセサリー、ホームなどを揃え、約300アイテムの商品をを$2から$120、ほとんどの商品は$35以下で販売されている。セールは7月13日まで続けられる予定である。ヴァインヤード・ヴァインズは、シェップ&イアン・マーフィー兄弟が1988年に造ったブランドで、彼らがマサチューセッツにあるマーサズ・バインヤードで過ごした夏をイメージしており、600以上の百貨店や専門店で販売されている。USAトゥデー

ターゲットのデザイナー・コラボ商品はいつも品不足になっており、最初から在庫が少ないと思われる。それでも話題作りには事欠かず、マーケティングの一部になっているのだろう。