5月 7, 2019 オンライン・リーテイラー コンビニエンス・ストア 流通業 0

アマゾンは、12号店目となるアマゾン・ゴーをニューヨークで今日開店した。場所は、マンハッタンのブルックフィールド・プレースの2階にあり、1300平方フィートほどの広さを持つ。これまでのアマゾン・ゴーはキャッシャー・レス店舗で、購入は顧客のアカウントに直接チャージされ、精算の必要はなかったが、ニューヨークの店は現金の支払いも可能である。勿論レジスターがある訳ではなく、現金払い希望の顧客には、チェックアウト・カートにモバイル機器を持った社員がおり現金などを受領する。また、これらの顧客には、入店の際にも社員が持つモバイル機器を使ってアシストする。通常のコンビニエンス商品に加えて、アマゾンのミール・キット、地域で人気のドミニク・アンセル、マグノリア・ベーカリー、ヘイル&ハーティーなどの商品も在庫されている。ブルックフィール・プレースはワールド・トレード・センターに隣接しており、フランス風のグルメ・グローサリー・ストアなどトレンディーなフード・ホールが入っている人気のショッピング・センターである。CNBC

キャッシャー・レス店舗は、クレジット・カードを持たない840万世帯の消費者に対する差別だとして、フィラデルフィア、ニュージャージー州は現金受領を法で義務付けている。加えてニューヨークやサンフランシスコも同様な条例を検討しており、今回の店舗はその準備も兼ねている。