3月 4, 2019 アパレル 流通業 0

チルドレンズ・プレースは、倒産申請中のジンボリーとクレージー8のブランドを7600万ドルで買収することに合意した。また、2016年に分割されたジンボリー・プレイ&ミュージックの、シンガポールに本拠を持つジーバイオン・ホールディングスとの契約も引き継がれる。

一方、先日2社に分割すると発表したギャップは、ジンボリー傘下の「ジェイニー・アンド・ジャック」の知的所有権、ウェブサイト、顧客データ、その他を3500万ドルで買収すると発表している。同社の商品も、清算会社を通して買い取る計画である。これら買収案は、倒産法廷の最終承認を得る必要がある。ジンボリーは、過去2年で2回目の倒産申請で、800ヵ所のジンボリーと・クレージー8の店舗を閉鎖すると発表している。CNBC

2019年はまだ始まったばかりだが、ペイレス・シューソースなど大型小売業の倒産が発表されており、今後もまだ増えると予測されている。勝ち組と負け組が明確に別れてきている様である。