2月 12, 2019 シュー・ストア 流通業 0

廉価な靴小売チェーンであるペイレス・シューソースの倒産申請が近いと報じられ、北米のほとんどの店舗又は全てが閉鎖されるそうである。同社は2012年にLBOによってゴールデン・ゲート・キャピタルとブラム・キャピタル・パートナーズによって買収され、2017年4月にも倒産申請している。その後数百ヵの店舗を閉鎖し、債権者に対して所有権の一部と引き換えに負債を半分程度に減らしたが、また、経営難に陥っていた。同社は世界中で3600ヵ所ほどの店舗、18000人の社員を抱えており、北米には2700ヵ所ほどの店舗が展開されている。靴の小売では、ロックポート、ナイン・ウェストも昨年倒産している。ブルームバーグ

今年も小売業の倒産は増えそうである。