1月 12, 2019 スーパーマーケット 流通業 0

ホール・フーズ・マーケットCEOのジョン・マッキーの社内メモによると、現在12ヵ所展開されている、同社の低廉版フォーマットである「365」の店舗網拡大は停止されるそうである。既に開店している店舗については引き続き営業される予定である。理由は、本体のホール・フーズ・マーケットとの売価差が少なくなり、今後もホール・フーズ・マーケットの競争売価は拡大されるため、差別化する意味がなくなった為と説明されている。「365」運営によって得た革新は継続され、企業全体の顧客経験の改善に役立てる。ホール・フーズ・マーケットは、アマゾンに買収された後、アマゾンのプライム会員を中心に割引を拡大しているが、今年8月に行われた2000人以上のホール・フーズ・マーケットの顧客を対象にしたヤフー・フィナンスの調査では、40%以上の回答者が、ホール・フーズの売価はそれほど安くないと答えている。アマゾンは、最近ホール・フーズ・マーケットの店舗網拡大を計画しており、45000平方フィート以上の広さを持つ不動産を物色しているが、「365」は小型店のため、その拡大計画にそぐわないとも言える。「365」は、現在カリフォルニア州サンタモニカ、シルバーレーク、アップランド、ロングビーチ、コンコルド、テキサス州ヒューストン、シーダー・パーク、オハイオ州アクロン、ニューヨーク州ブルックリン、ジョージア州アトランタ、ディケーター、オレゴン州レーク・オスウィーゴで12ヵ所展開されている。ヤフー・フィナンス