2月 6, 2009 ダラー・ストア.チェーン ドラッグ・ストア 流通業 経済 0

ウォルグリーンズは、サンフランシスコ地域にある7カ所と、アイダホ州東部地域にある5カ所の、ライト・エイドの店舗の買収に合意したと発表した。買収金額など詳細は発表されていないが、一部の店舗はウォルグリーンズの店舗と統合される予定である。ウォルグリーンズにとっては、CVSのロングス買収成立によって、シェアが下がるサンフランシスコ地域での店舗網増強、店舗数の少ないアイダホ州での市場拡大につながる。ライト・エイドは、現在株価が25−30セントほどと低迷しており、独禁法に抵触しなければウォルグリーンズによる企業買収も考えられるが、店舗展開地域の重複が多い為難しい。しかし、地域によってはウォルグリーンズにとって店舗網強化、ライト・エイドにとっては負債の減額につながり、今後両社にとって有益な取引もあり得ると思われる。
ーーーーーーーーーー
 99センツ・オンリー・ストアは、2008年12月27日で終わった第3四半期で、前年度より8%増加の売上3億5,110万ドル、利益は31.6%増加し1,250万ドルとなった。既存店売上は42%の増加となり、好調である。先日のリポートの様に、テキサスの店舗閉鎖は6ヶ月ほど保留されている。
ーーーーーーーーーー
2009年1月の就労状況が労働統計局から発表された。1月は598,000人が職を失い、失業率は12月の7.2%から7.6%へとあがった。景気後退が始まった2007年12月から失職した人の数は360万人となる。