1月 3, 2019 スーパーマーケット 流通業 0

自然食品小売チェーン大手のホール・フーズ・マーケットは、同社のウェブサイトで、顧客の食事ニーズによる食品検索を可能にしたと発表した。これは顧客の声を反映したもので、簡便に素早く食品の検索を可能にし、また地域の店舗の在庫状況も表示する。サイトでは、ベジタリアン、ビーガン、グルテン・フリー、パレオ・フレンドリー(原始人食)、ケト・フレンドリー(糖質制限食)、糖分控えめ、非乳製品、コーシャー(ユダヤ系の食事)、オーガニック、ホール・フーズ・ダイエット承認、エンジン2・ダイエット(元テキサスの消防士が始めたダイエット)、減塩、減脂肪などが検索可能で、コンピューターでもモバイルでも利用できる。検索された商品は、写真、素材、栄養分、ダイエット、アレルギー性などが表示される。また、地域のどの店舗に在庫されているかも表示される。

特別なダイエット食を必要とする消費者は増えており、この導入はそれらの顧客にアピールする。*写真はパレオ・フレンドリー商品の一部