12月 5, 2018 ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートは、一年で一番忙しいホリデー商戦で、ストア・アプリを使った顧客サービスを導入している。商品の色、サイズ、在庫量などに関して質問のある顧客に、同社社員が持っているタブレットなどのドットコム・ストア・アプリを使うことで、在庫確認し、もし無い場合はオンライン注文を顧客に替わって行う。社員は商品のチケットを印刷、またはバーコードが入った電子メール/テキストを顧客に送り、レジで精算する。商品は顧客宅または店舗に無料配送される このシステムは、既に4700ヵ所のウォルマート店舗のほとんどで導入されている。AOL

リアル店舗を持つ利点を最大限に生かしたオムニチャネルである。ノードストロム百貨店などでも、かなり前から導入されている。