11月 17, 2018 オンライン・リーテイラー ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートは、過去数年電子コマースに対する投資を続けているが、その努力が実っている。イーマーケターによると、2018年にはアップルを抜いて、アマゾン、ebayに次いで、売上で3位になると予測されている。ウォルマートは、2018年末でサムズ・クラブおよびジェット・コムを含み、小売総額の4.0%となる209億ドルの電子コマース売上、成長率は39.4%で、オンライン・リーテイラーのウェウフェアの40.1%に次いで2番目となる。要因としては、電子コマース企業買収、オンライン・グローサリー販売の拡大が挙げられている。しかし、売上額では、アマゾンが前年度より29%増加となる2521億ドルを上げ、電子コマース全体の48%を占めている。2018年の電子コマース全体は、前年度より16%増加し5257億ドルに達し、小売全体の9.8%になると予測されている。

ウォルマートCEOのダグ・マクミランの将来を見越した成長戦略は的を得ている事になる。