11月 6, 2018 スーパーマーケット 流通業 0

スーパーマーケット・チェーン大手のクローガーは、自社運営によるグローサリー配達である「クローガー・シップ」のテスト地域を、現在のシンシナティ、ルイビル、ヒューストン、ナッシュビルから、東海岸のバージオニア、ウェスト・バージニア、ノース・カロライナのローリー・ダーラム地域に拡大すると発表した。このオンライン注文の配達は、同社の4500のプライベート・ラベル商品、5万の生鮮以外のグローサリーの商品が対象となる。$35以上の購入に対しては無料で配達され、それ以下の場合は$4.99の配達料が加算される。最初の注文に対しては、インセンティブとして購入額にかかわらず無料で配達され、さらに15%の割引が提供される。シップは、インスタカートなどを使ったオンライン・グローサリーの配達と違い、生鮮食品以外の商品を中心としており、クローガーの店舗からではなく、フルフィルメント・センターから郵便局やフェデックスを使って配達される。既に2ヵ所のセンターがネバダ州、ノース・カロライナ州で運営されており、3ヵ所目のセンターが、1700万ドルをかけ、オハイオ州フローレンスに674000平方フィートの広さで、この秋開設される。シンシナティ・ビジネス・クーリエ

クローガーのマルチチャネル戦略は本格的に動き出している。