10月 31, 2018 ドラッグ・ストア 流通業 0

CVSヘルス傘下のCVS薬局チェーンは、大ボストン地域で、「ケアパス:CarePass」と呼ばれる新しい会員プログラムのテストを始めると発表した。これは、すでに同社が提供するエクストラケア・プログラムに追加されるもので、毎月$5の会員費(年会費は$48)によって週7日間24時間の薬剤師とのホットライン、CVSブランド商品の20%引き、薬剤と他商品のオンライン注文の無料配達などが提供される。また、毎月$10のケアパスのリワードが提供され、店内のほとんどの商品の購入に使用できる。このプログラム参加には、エクストラケアの会員になる必要があり、エクストラケアの2%キャッシュバックも加算される。新プログラムを紹介するため、CVSでは20回以上のポップアップ・イベントを、同社ブランドのトラックおよび乗用車で計画している。

このプログラムも、アマゾン・プライムをかなり意識している。アマゾンの影響は大変なものだが、業界自体の競争力も上げる効果がある様である。