10月 27, 2018 オンライン・リーテイラー スペシャリティー・ストア スーパーマーケット ディスカウント・ストア デパートメント・ストア 流通業 0

来週の水曜日はハロウィーンの日となるが、全米小売業協会(NRF)によると、今年のハロウィーンの商品額は90億ドルに達する見込みである。同協会がプロスパー・インサイツ&アナリティックスに依頼し、9月4日から12日の間に6961人の消費者を対象に行なった消費者調査では、消費総額が90億ドルとなり、過去最高記録となった昨年の91億ドルに迫る予想である。消費者は平均$86.79を消費する予定で、これは昨年の$86.13から微増となる。全体で1億7500万人がこの日を祝い、31日に仮装するために使われる費用は32億ドルでハロウィーン・ショッパーの68%が購入する。95%のショッパーはキャンディーに26億ドル、74%のショッパーはデコレーションに27億ドル、35%のショッパーはグリーティング・カードに4億ドルを費やす予定である。ハロウィーンの祝い方としては、70%が子供達にキャンディーを渡す、50%は家や庭を飾る、48%は仮装し、45%はカボチャで「ジャック・オー・ランタン」を造り、32%はパーティーを開き、30%は子供達を「トリック・オア・トリート」に連れて行き、21%はお化け屋敷を訪れ、18%はペットを仮装させる計画である。仮装のアイデアは、35%の人達がオンライン、29%が店舗、19%が家族や友人、19%がピンタリスト、16%がフェースブック、16%がポップ・カルチャー(若者用のメディア宣伝など)、15%がユーチューブで得る。購入先では45%のショッパーがディスカウント・ストア、35%はハロウィーン・ストア/コスチューム・ストア、25%が百貨店、24%がオンライン、24%がグローサリー・ストアで購入する予定だと答えている。

ホリデー商戦前の幸先の良いスタートとなってほしいものである。