10月 23, 2018 ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートは、ホリデー商戦を前に、同社のサイトで第三者セラーによって販売されている、所謂マーケットプレースの商品取り扱いを改善すると発表した。無料の2日間配達に数百万の商品を加え、ウォルマートの4700以上の店舗で返品も受け取る様にする。この変更は11月から始められ、ホリデー商戦に向けて顧客の便をはかる。2年前から始められた2日間の無料配達($35以上購入)は、年会費も必要なく顧客に好評だが、今後数百万の商品が追加される事になる。また、マーケットプレース商品の返品処理は、これまでセラーによって違ったが、今後はウォルマートのサイトにログインし、返品ラベルをプリントしセラーに返送する簡単な処理に変更される。11月からは、ウォルマートの店舗でも返品手続きが行える様になり、顧客は梱包して店舗にて返品すると、ウォルマートがマーケットプレースのセラーに送り返しくれ、返金はセラーから顧客に直接行われる。

これは、アマゾンのフルフィルメント・バイ・アマゾンと似た様な扱いとなる。ウォルマートは、基本的にアマゾンが提供するサービスのほとんどを取り入れている様である。