10月 17, 2018 ディスカウント・ストア 流通業 0

ターゲットは、今年のホリデー商戦に向けて、500店舗以上の玩具売場を250万平方フィートほど増床し、100ヵ所以上の店舗では売場を改装すると発表した。品揃えも、新商品や専売商品を含め、2500アイテム以上増やす計画で、これは昨年の倍ほどとなる。店舗内のイベントも25000時間計画しており、顧客の買物経験を増す。ターゲット・コムのサイトでも玩具のカタログやギフト・ファインダーを導入する。増床は11月2日まで、改装もホリデーまでにはそれぞれ終える。

トイザらスの閉店後、玩具販売はターゲットでもホリデー商戦の目玉商品カテゴリーとなっている。