10月 8, 2018 ディスカウント・ストア 流通業 0

ターゲットは、廉価な生活必需品の新しいプライベート・ブランド「スマートリー」を発表した。このブランドは、ハンド・ソープ、ペーパー・プレート、清掃用品、剃刀など70種類以上の家庭雑貨で用意され、ほとんどの商品が$2以下の売価となる。新しく綺麗なデザインで、匂いも数種類用意され、値打ちのある商品を提供する。10月14日から、同社のオンライン及び店舗にお目見えする予定で、年間を通して販売される。ターゲットは、過去数年、毎年20以上のPB及び専売ブランドを紹介しており、スマートリーのブランドは、顧客の要望を参考に開発された。価格帯は$0.59から$11.99で、ほとんどの商品は$2以下である。すでに販売されている「エセンシャル」の廉価版となり広範囲な顧客にアピールする。

最近の好業績を土台に、「チープ・シック」なターゲットとして推進している。