10月 4, 2018 オンライン・リーテイラー ドラッグ・ストア 流通業 0

ドラッグ・ストア・チェーン大手のウォルグリーンズは、オンラインでビューティー商品を定期販売する「バーチボックス:Brichbox」と提携し、同社の商品をウォルグリーンズの店舗及びウォルグリーンズのウェブサイトで販売すると発表した。また、ウォルグリーンズは、バーチボックスの少数株主として出資する。当初は、全米大都市の11ヵ所の店舗で、今年12月から来年初めにかけてテストを始める。ウォルグリーンズは、この提携によって同社のビュティ〜商品を強化する目的で、特設される最大1000平方フィートの売場では、40以上のスキンケア、ヘア、メークアップ商品のブランドを揃え、バーチボックによってトレーニングされたウォルグリーンズのビューティー・コンサルタントが販売及びアドバイスをする。また、顧客用にパーソナライズされたビューティー商品のサンプル定期販売(月額$10)である「BYOB:Build Your Own birchbox」も契約することができる。

バーチボックスは、世界6ヶ国で250万人のアクティブ会員を持っており、500のプレステージ・ブランド商品をオンライン販売している。ニューヨークとパリには、期間店も開店している。ビジネス・ワイア*写真も

先日、クローガーとの提携も発表されたばかりで、かなり積極的な戦略をとっているウォルグリーンズである。