10月 3, 2018 流通業 経済 0

全米小売業協会は、今年11月と12月のホリデー商戦の売上が、前年度から4.3%から4.8%増加すると予測を発表した。過去5年の増加率は平均3.0%で、2017年は6868.7億ドル売上げ、前年度より5.3%増加している。同協会CEOのマッシュー・シェイは、好調な経済状況と高い消費者の自信度で予測され、中国との貿易戦争の影響が心配されるが、楽観していると述べている。

予測通りに、小売業のハッピーホリデーとなるといいが。