9月 16, 2018 ディスカウント・ストア デパートメント・ストア 流通業 0

百貨店とディスカウント・ストア・チェーンのシアーズは、8月4日で終わったら第2四半期の総収入が25.6%減少して32億ドル、既存店売上はシアーズで4.0%、Kマートで3.7%それぞれ減少、全体では3.9%減少、純損失は5億800万ドル(前年度は2億5000万ドルの赤字)、1株あたりでは$4.68の赤字(前年度は$2.33の赤字)だったと発表した。既存店売上減少幅は減っており7月と8月は3.0%,2.5%それぞれ増加、またアパレル、靴、宝飾などの部門では既存店売上が増加した。第4四半期にさらに46ヵ所の店舗を閉鎖する予定である。

相変わらず赤字を続けながら運営されている。理解しずらい小売業である。