8月 2, 2018 オンライン・リーテイラー 0

ミレニアル世代は、ナショナル・ブランドをあまり好まず、トレーダー・ジョーズやアマゾン・ベーシックスの商品を良く購入すると言われている。これらの消費者をターゲットした、プライベート・ブランドのオンライン・リーテイラーがある。2017年にサンフランシスコで創業されたブランドレス・コムで、食品、家庭雑貨とキッチン用品、ビューティーとパーソナルケア、文房具などの商品を、$3以下でオンライン販売している。商品の品質は高く、遺伝子組み換えなし、グルテン・フリーなどオーガニック商品も多く、ビューティー商品は、動物実験を行っていない素材を使用している。現在300ほどのアイテムを販売しており、今後さらに拡大していく計画である。最近、ソフトバンクから2.4億ドルの出資を得ており、将来性が期待されている。リーテイルダイブ

日本の無印は、それ自体がブランドとして人気を得ており、売価もそれなりのものとなっているが、ブランドレスは、オンラインのトレーダー・ジョーズとして、常連客層を構築しようとしている。通常の注文は$39以上の購入で無料配達されるが、$36の年会費を払うとB.MORE会員となり、無料配達、飢餓対策となるミールの寄付も行われる。