7月 23, 2018 フードサービス 流通業 0

ファースト・フード・チェーンのチックフィレーは、ミール・キット・ビジネスにテスト参入すると発表した。アトランタ地域の150ヵ所のレストランで、8月27日から11月17日まで期間限定で販売される。チックフィレーとアトランタのオーナーシェフであるステュアート・ステーシーが開発した、Chicken Parmesan, Chicken Enchiladas, Dijon Chicken, Pan Roasted Chicken and Chicken Flatbreadの5種類のメニューが用意され、素材には同社のレストランで使用する、抗生剤は一切使用していない鶏肉を使っている。顧客の反応によって、このコンセプトを拡大するかどうかを判断する。レストランで同時に在庫される2種類のメニューは、2人分$15.89で販売され、賞味期限も明記されている。

経営が行きずまる所や新規参入など変化の多いミール・キット業界であるが、フード・サービス会社の参入は論理的であり、売上増加に貢献すると思われる。どの程度のスケールになるかが、存続するかどうかの決め手になるだろう。