7月 16, 2018 スーパーマーケット 流通業 0

アップデートに健康的な食事をするための情報を提供する「オプトアップ:OptUp」を導入した。これは同社が推進する「ウェルネス・ヨア・ウェイ:Wellness Your Way」の一環となり、商品の栄養情報などを100点満点で表示するもので、71点以上の点数の商品はグリーン・カテゴリーとして推奨される。これらは、飽和脂肪酸、砂糖、塩分、カロリーなどが低く、繊維質、タンパク質、フルーツ、野菜、木ノ実などが多く含まれている。点数が36から70はイエロー・カテゴリー、35以下はレッド・カテゴリーに分類される。クローガーは、カートに入れられる商品の半分以上をグリーン・カテゴリーで選ぶよう推奨している。「オプトアップ・スコア:OptUP Score」は、顧客の過去8週間の購入履歴を反映しており、1点から1000点で評価され、600点以上を推奨している。その他アプリの特徴として、パーソナライズされた商品提案、スキャンと検索による栄養情報及び代替え商品、グローサリーの電子コマースへのリンクなどが用意されている。プログレッシブ・グローサー