7月 16, 2018 アパレル スポーティング・グッズ 流通業 0

ナイキは、同社のナイキプラスの会員を主に対象とした、新コンセプト店となる「ナイキ・ライブ」をロサンゼルス地域のメルローズ通りで、7月12日に新開店した。店舗はナイキプラス会員のインサイトや行動を研究して作られており、デジタルとリアル店舗を統合したパイロット店として、地域の顧客をターゲットした商品やサービスが提供される。ここで学ばれた事は、将来ナイキの他の店舗に導入される計画である。商品は、ナイキ・コムのベストセラー、ランニング用品、トレーニング、スポーツウェアなどの商品となる。加えて、西ロサンゼルス地域の販売データを分析して作られる新しいアパレル、靴、アクセサリーなどが地域用に用意され、ナイキの新商品を2週間毎に専売商品も加えて在庫する。また、ナイキのアプリを使ったサービスも提供される。この「ナイキ・ライブ」は1号店となるが、来春以降には、東京など他の都市にも開店が計画されている。ナイキ・ニュース