6月 25, 2018 トイ・ストア 流通業 0

清算が進められている「トイザらス」は6月29日までに、国内全てのトイザらスとベビーザらス店舗が閉店される予定だが、パーティー商品を販売するチェーンであるパーティー・シティーが、50ヵ所の「トイ・シティー」ポップアップ・ストアを今年9月に開店すると述べている。同社が毎年開店している「ハロウィーン・シティー」のポップアップ・ストアと共に開設される予定で、不動産契約などで最適な場所に開店される。トイザらス倒産後、同社の市場シェアを獲得する試みで、ウォルマート、ターゲット、バーンズ&ノーブル、ファイブ・ビローなども市場シェア拡大を目指している。また、2008年に倒産したKBトイズも、今年のクリスマス前に1000ヵ所ほどのポップアップ・ストアを開店する計画だと報じられている。パーティー・シティーは、オンライン販売でも玩具関係の品揃えを拡大する予定だと、同社CEOのジェームス・ハリソンは述べている。CNBC

アマゾンも同カテゴリーのシェア拡大を計画しており、価格競争が激しくなると予測される。子供を持つ親にとってはメリー・クリスマスになるだろう。