6月 1, 2018 Uncategorized 0

ニューヨーク及びコネチカットの両州で6ヵ所の繁忙大型食品店を展開するステュー・レオナルドが、ニュージャージー州パラマスでの開店計画認可を得た。パラマス・パークの元シアーズの店舗跡で、8万平方フィートの店と2万平方フィートの事務所と社員の施設が造られる予定である。開店予定は2019年前半で、同社の7店目となりニュージャージー州で初めての開店となる。現在、3店舗をコネチカット、3店舗をニューヨークで開店しており、6店目の店はニューヨーク州イースト・メドウで昨年8月に開店した。他にもライセンス店として9ヶ所のワイン店が、それぞれ独立オーナーによって運営されており、パラマスにも1ヵ所運営されているが、新店の開店時には同じパラマス・パークに入居する。パラマス・パークは、新しく12スクリーンの映画館コンプレックスも元シアーズの2階部分に建設する計画である。ノース・ジャージー・コム

ステュー・レオナードは生鮮食品を中心に圧倒的な品揃えと低価格で人気の店舗で、ファーマーズ・マーケットが流行る前からその雰囲気を持った楽しい店である。店内では縫いぐるみが踊ったり歌ったりしており、週末には子ども連れの家族が大勢押しかける。最近フード・ホールという名前が良く使われるが、まさにその典型である。写真は、お客さまは常に正しいという同社のモットーが書かれている店の前にある石。