5月 14, 2018 シュー・ストア 流通業 0

靴の卸と小売業であるロックポート・グループが倒産申請を行った。既に再建計画として投資家のチャールスバンクに所有権が移される合意が出来ており、同社は卸部門、電子コマース、アジアとヨーロッパでの小売部門の運営を引き継ぐ。また、北米の小売部門を譲り受けるオプションも保留している。申請中の運営資金として2000万ドルの融資合意を得ており、既存の6000万ドルの信用枠も合わせ、通常の運営が続けられる。同社は国内で19ヵ所のフル・プライスとアウトレット店、カナダで33ヵ所の店舗を展開している。同社は1971年に履き心地の良いカジュアル靴のブランドとして創業され、1986年にはリーボックの傘下、2005年にはリーボックを買収したアディダスの傘下となったが、その後ニューバランスとバークシャー・パートナーズによって買収され、昨年,債権者に売却されていた。売上の57%は卸で稼いでおり、小売部門はそれほど大きくない。リーテイルダイブ