5月 1, 2018 スペシャリティー・ストア リミテッド・アソートメント・ストア 流通業 0

スペシャルティ・フード・ストア・チェーンであるトレーダー・ジョーズが、商品や社員に纏わる逸話を紹介している。テースティング・パネルやフェアレス・フライヤーの始まりなどが紹介されているが、第1話で面白かった話題を一つ紹介する。同社の現CEOであるダン・ベインが、アリゾナ州サンシティーの店を訪れた時の話である。トレーダー・ジョーズは、以前バナナは他の食品店と同じ様にポンドあたりで量り売りしていたが、レジに秤が付けられていなかった為、倉庫でプラスチックの袋に入れられ、一番小さいバッグで大体4本のバナナが入っていた。引退者ホームに近い店で、小柄で上品な年配の女性が来られ、バナナの袋を全て見た後、カートに入れなかったため、どうして買わなかったのですかと聞いたところ、彼女は「お若いの、私は4本目のバナナを食べるまで生きないかも知れないからねえ。」と答えたそうである。その後、バナナは1本19セントで売られ始め、今でも19セントである。

顧客のフィードバックを大切にするトレーダー・ジョーズの一面である。他にも沢山の逸話があるので、興味のある方は、同社のウェブイトをチェック。