4月 21, 2018 ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートは、350ヵ所の店舗のローン&ガーデン・センターズに、セルラーを使ったレジ機能を持つ機器とブルー・トゥースのプリンターを備え、顧客の便を図ると発表した。これまで、重く嵩張る商品である土や花などは、店舗内のレジに持って行って精算する必要があったが、このシステムによって、その場で社員がチェック・アウトを行ってくれる。顧客に対するより便利な買い物経験を提供するための措置の一環となる。

 

 

 

 

 

繁盛レストランであるイン&アウト・バーガーへ行くと、ドライブ・スルーのラインがいつも長いため、社員がセルラーのタブレットを持ってきて注文を取ってくれる。車の列の流れが良くなり、待つ苦痛が多少収まるのである。顧客の時間を節約する措置はサービス改善として効果が高いと思う。